プロバイダ解約の際の注意点

プロバイダを解約するときに、解約金や違約金を支払う必要がある場合があります。

それは、プロバイダの契約時に、加入キャンペーン等を受けた場合に発生します。
キャンペーンを受けてプロバイダの契約をすると、基本的に最低利用期間があり、この最低利用期間内に解約をするばあいには、違約金が発生します。

なので、短期でプロバイダの利用する際には、最低利用期間の短いキャンペーンを受けるか、キャンペーンを受けず違約金の発生しない契約をするなどしましょう。

違約金はプロバイダによって違いますが、大体5000円~10000円ほどです。

もしも違約金を払わずに滞納すると、ブラックリストに入り、そのプロバイダの再契約だけでなく、他のプロバイダとの契約もできなくなるという場合もあります。

また、回線を提供しているNTTのフレッツ光などからも違約金が発生し、キャンペーンの初期工事費割引額の一部を支払う必要があります。

プロバイダの解約や乗り換えは、最低利用期間と契約期間をしっかり確認してから行うようにしましょう。